FC2ブログ

心の夏バテ、恐るべし。

2018.08.07.Tue.19:08
ひとつ作品を完成させたくて短編SF小説を2/5章まで書いたところで充電中。
今回は地盤を固めてから書き始めたんで着地点が見えている。
ゴールが明確であるというのは心強いもんだね。

気に入っていたメイドさんを消すのはしのびなかった。
ブラスター180806 
数日あいた後に走らせるペンは生まれたての小鹿のよう。



やっぱり夏は好きになれない。
冬生まれの性なのか。

水に振り切ってても蛇口からは生ぬるい温水が出る暑さ。
そこらにある自然物だけで冷たさを生み出すことはできないと考えると鬱々としてくる。

火はおこせても氷は作れんと思うとフィクション世界の氷魔法が羨ましくてたまらない。


日本で40°越えやら例年とは違う台風の進路に、地球の老化かなとか考える。
そうやって宇宙規模の話をするともれなく身内からはハブられる。


宇宙といえば、いまは火星がきれいだね。
満月の夜のようにワクワクしながら一目見て、床に就くようになった。





窓から見えなくなるまで続くことだろう(´-ω-`)
スポンサーサイト