FC2ブログ

ほら、あなたの後ろにも……そんなヒューマンホラー

2016.02.05.Fri.11:02
縁もゆかりもない赤の他人から突然声をかけられるのがものすごく苦痛だ。
彼らは背後から唐突にやってくる……。(ホラー?な続きは折りたたみ)

橙担当のカナリーちゃん。
イルヴィ部下③カナリー
色からとった名前がついた。安直だがそれがイイ。

予告:明日は青系シアン




声をかけられやすい人ってカテゴリがあるらしい。
道を尋ねるのは(怪しい人物を除き)まだ解るとして。
買い物中、唐突に仲良しレベルの会話を持ちかけてくる人は何なんだ。

たまたま見かけた見ず知らずの人間に二言三言では済まない長話を一方的にし続ける意図が読めん。


『知らない人に声をかけられても相手しちゃいけません』の世界。


子連れでもなく、話しかけるなオーラを出してるにも関わらず声掛けてくるんだ。
互いに目なんて合ってないし同じ場所に留まって同じ商品を見ていたわけでもない。

何の共通点もなければ、妙な仲間意識すら芽生えてないんだ。


野生の勘で嫌な気配を察知してその場から離れるんだけど彼らは共通して“無言でひたすら追っかけてくる”から怖い。
いつまでついてくるんだよってくらいしつこい。


“ストーキングからの満を持して声掛け”コンボがマジ怖い。


大体がじーちゃんかばーちゃんで傍から見たら無害っぽいから困る。
この人とは無縁です、孫でも友達でもないんです!
コワイ!


過去に一度、質の悪いばっちゃんにバスの中で長々と絡まれたのが尾を引いているようだ。


ありがた迷惑(ただの自己満足)も厄介だよなぁ。
自分の身内か知り合いにやってくれよ。




とにかく俺は何事もなく忍んで過ごしたいんだ、プライベートに干渉しないでおくれ(;´`)
スポンサーサイト