FC2ブログ

一見、大人しそうにみえる者こそ内面には大きな闇と攻撃性を抱えていたりするものさ。

2017.03.30.Thu.21:46
ハの字眉毛再び。
バンシー・トレイズ室長
合わないサイズの白衣を支給されても文句は言えないそうな。




頭の中がすっきりしない時は一晩で5本以上の悪夢を観る羽目になる。
映画を連チャンで強制鑑賞してる疲労感。
曇りの日の眩しさで引き起こされるモヤモヤした頭痛と同じ痛みが纏わりついてくる。


目が覚めてもしんどいから(体が起こせず)起きられない
二度寝
悪夢にうなされる
(悪夢に疲れて)しんどいから起きられない
三度寝
【繰り返し】


次から次へと舞台が変わったり、部隊が変わったりする。

取り巻く人々や状況は変われど、『何かから逃げなければならない』という根本的な立場は変わらない。


何にそんなに追い詰められてるんや(´_ゝ`)
スポンサーサイト

意識が覚醒したことである意味逃げきれたことにはなるけれども。(納得いかず)

2017.03.23.Thu.18:55
過去絵直し一発描きの旅。

いつも眉毛がハの字で気が弱そうなのに室長。
トレイズ室長
白衣です。三つ編みが邪魔です。



今日は書くことがまとまらないんで見た夢のことでも綴ろうか。


内容が濃すぎて時系列(観た?順番)は思い出せないけど、印象に残った3点を。


「ショッピングモール」
駅や謎の事務所的なものと融合していたショッピングモール。
店内はキレイなのにトイレはありえんほど汚い。
知らない女の子と自分の二人で強制的にモデルっぽいことやらされてた。
女装感が苦痛で逃げようとするとヤのつきそうなオニイサンが追っかけてくる。
当然の如くナイフ持ってる。
普通に怖い。


「海」
最初は穏やかな水面だった。
(知らない人達と設定上の)家族で観光に来ていた。
時々押し寄せては返す波にキャッキャウフフで足が濡れちゃったーみたいなノリだった。
徐々に波の回数と勢いが増してきて、最終的にどでかい津波が襲ってきた。
その場にいたほかの観光客やら皆が命からがら逃げる。
土産物商店街を駆け抜ける際、視界に入った畳張りの土産物屋。
水の壁が迫ってるのに寛いだままテレビ見てるおっちゃんたちからは危機感が感じられない。
寝転がって煎餅食ってるおばちゃんまで居た。
逃げろよ。


「バス」
迫りくる大波から逃げる流れで迎えのバス。
駐車場にはたくさんの観光バスが停車中。
その中に乗ってきたバスを見つける。
運転手さんが『お帰り!乗りな!』って言ってて漢なんだが、状況的にもはや水上バス。
走れるのか?
そもそもドア閉まるのか?




目が覚めた。


せめて逃げ切らせて!

別名で保存しているがタスクの開き過ぎで混乱、傍からみたら上書き保存な記憶タイプ。

2017.03.22.Wed.19:38
過去絵直し一発描きの旅。
心の内に広がる世界は無限大、いくらでもトリップし放題!

手始めに敵勢力のオニイサン。
ロウ
SP3.世界の敵キャラは白衣率高め。



ついでにクラヴィスくんの横顔。
クラヴィス らくがき 170322
男キャラは落描きから慣らすしかない。



昔の絵について女の子キャラが男顔ということは既に言及したけれども、改めて見ると酷い通り越して痛い。
別人が描いたんじゃないのと思うくらい絵のタッチも違ってた。

オリジナルのはずなのに、モノマネ感が強くてデッサン狂いまくり(´Д`)


感銘を受けるのはいいけど感化され過ぎてるなぁと冷静に分析してた。

顔は爬虫類くさい。
頭部のコンパクトさに対して体が異様にデカ過ぎ。

手だけ丁寧とか服のしわにメッチャ拘ってるとか、特徴を円グラフにしたら繋いだ線からお星さまがうまれるんじゃないかってくらいバランスが偏ってた。



そのまま見続けてるとそっち(過去絵のセンス)に持ってかれそうになるんで、どうしても気になるやつは上から描き直して捨てた。

どうせ捨てるのにわざわざ描き直すのはおかしな話だけど、自分にとっては決別のための一種の通過儀礼なんだ。




上書き廃棄よー(∩´∀`)∩

小指復活!メンタルをも削いでいた怪我のポテンシャル

2017.03.21.Tue.20:51
全治二週間だったか~。
ほんのりピンク色だけど、痛みとおさらばできたので良しとする(・∀・)
ナッツ 20170321
今日の天気を振り返るかのようなポージングになった。




三日前くらいからやっと水濡れ解禁された左手小指。
やらかしてからの十数日間は超絶過保護に過ごしていた。


ビニール手袋と輪ゴムのコンボ。
指先を絶対下に向けない戦法でバスタイムを乗り切った。


数日続くと消費されていく手袋(と、その特殊な臭い)が気になってきた。


小指を濡らさないようにすればいいだけだ。
一枚の手袋から一本分ずつ切って使いはじめた。


指一本には向いていない輪ゴムとの格闘。
絞める方法を工作用テープに変えたことで引き起こされた痒み。


なんか全部めんどくさくなった。




中指から小指まで剝き出しになってしまう手袋が、ハサミやテープと同じ引き出しの中で眠っている。





使い道は、ない(´_ゝ`)

書く方にシフトすると描けない現象 【注:本文ちょっと痛いです(フィジカル)】

2017.03.16.Thu.20:45
活字ばっかり追いかけてたら書く方に切り替わりまして。
SP3.小説を新たに書き出したり、昔こさえた方(未完)を直したりしております。


ナッツくん改良案を思いついたはいいが、スケッチでしか表現できないのでございます。
ナッツくん 改
うぇ~い。(←)









右手親指の爪で左手小指の爪の付け根の皮をセルフ削ぎしてしまってから10日ほど経ったけれども未だ完治せず。
油断すると思い出す程度の痛みまでに落ち着いてきたってことはもうひと押しかな。


風邪が治りにくいのは重々承知だが、怪我の治りも遅いとはね(∩´∀`)∩


つか親指の攻撃力パネェ。
相手は小指なんだから手加減してやれよな!



寒空の下で起こった事故だったから、次の事象が起こるまでに少しばかりタイムラグがあってね。
痛みも寒さで3割ほどカットされていたんだろうね。

「うん、痛いな」

なんて言いながら冷静に。
体液がじわる前に絆創膏を取りに行く。
そっ閉じをイメージしつつ、丁寧に処置を済ませる。

はい来た、痛いの来た。
ガーゼが当たっただけで痛かった。
襲い来る痛みのビッグウェーブから現実逃避している間にガーゼ部分は真っ赤に染まっていた。
予想より出てる感があったんで血の気が失せた。


グロいのが苦手なもので、最初の張り替えの時は軽く心が死んだよ(;´∀`)
状態を確認しないことには対処できないからチェックしたけど、なにアレなんであんな色のものがガーゼに(ry



思い出して動悸がするとかヤヴァイな。




なら書くなよっていう(´_ゝ`)

昔見た悪夢の続編を見ることもあるよ。嬉しくないけどな!

2017.03.04.Sat.22:49
顔を直すことしか頭になかった。
今気付いたが、体がテキトー過ぎた。
面倒だし直さないままで(・∀・)イッチャウヨー
ブラスター(殺戮人形)基本型
過去絵リメイク、ブラスターの基本スタイル。
ブラスター戦闘服
初期設定画(↑)は描き直すのも億劫だったんで昔の物をそのまま。



感受性が強過ぎると、他者は気にも留めないことがいちいち引っかかってめんどくさい。

目の細かい網、スポンジのような吸収力。


基本悪夢を見るのだけれど、今週は毎日が酷く疲れる悪夢ばかり。
そういうときの舞台は大抵実家(記憶の中で一番古い、幾度かの建て直しを行う前の家)やその周辺。
何かから逃げるために木を上り、屋根へ登る。
そいつらは地面から屋根まで物理的な距離があるにも関わらず、なぜかギリギリで手が届きそうな距離感で追い立ててくる。

毎回捕まりそうになりピンチな時は足を捕まれたりもするが、訳も分からないうちに何とか振り切っていてまた逃げる。
庭の岩から木へ、木から屋根へ、屋根から塀へ、塀からまた別の屋根へ。
そういう時は必ずヘボい飛行能力がある。
それは水中で重りを装備したような精度で一生懸命だっさい平泳ぎ。
兎角、体が重くて思うように飛べない。
次の屋根へ飛び移るときの僅かに下降したタイミングで、追手の長い腕が伸びてくる。


メンタルが追い詰められていると、こんなステージばかり。
よっぽどトラウマなんだな。

じいちゃんが管理してたあの庭は好きだった。
野生の小鳥がよく訪れていて、それを日の当たる廊下から気配を消して脅かさないようにこっそり眺めるのが小さな幸せだった。
けれど夢の中では幼い頃のように遊べないどころか敵が襲い来るフィールドと化す。
自分にとってあの場所は時が進まない牢獄で、未来のない墓場なんだろう。


昨晩から今朝にかけて見た夢は打って変わって現在の自宅。
日本刀持ってライフルも持って、なんかすげぇ重装備だった。
いつも丸腰なのに戦闘力を備えていたってことは、何かを一つ乗り越えたのかもしれない。



現実の物音で目が覚め始めて再び微睡に戻った時、さっきまでまともだった刀身が脇差レベルにまで落ちていたことには大変ガッカリしたものだ(´_ゝ`)

デトックス! 追い出せ、やりだせ、めだまだせ?!

2017.03.02.Thu.23:19
土足で上がり込んできたまま居座っている毒が抜けきるまで、最低でも一週間はかかりそうだ。
毎日夢にまで出てくんのは御免蒙る。
敏感過ぎることがこんな形でも効果を発揮するとはね(;´∀`)


過去に描いた敵キャラをリメイクしてきた。
ブラスター(殺戮人形)
GCIAが造り出した生物兵器(ミクスチャー)のうち、エリートは殺戮人形(ブラスター)と呼ばれる。



SP3.世界において、主な敵勢力となるのがGCIAという魔力研究機関。
金儲けのために魔力を操る生物兵器を生産し、力を求める者たちに売りつける。
CMOの監視網を掻い潜り暗躍している。

そんな悪人達の棲み処は超高層ビル。
職場となる研究室から住居、ショッピングモールまでがそこにあるオールインワンビル。
缶詰になっても問題ないだけの施設となっている。


主人公たちから見たら敵の本拠地なのに何て羨ましい環境。
これだけでも十分なのに埋立地とそこへのアクセスに専用リニアまで所有している。
流石、あくどい商売をしているだけあるな……。


こんな感じでたまには設定を語るのも新鮮でいいよね(・∀・)

ここにはいろんなパーティがいるんで、過去絵をリメイクしながら出していくとしよう。




今日はシメの一言ボケが出てこんぶ(∩´∀`)∩

ジェァステェーィス!!

2017.03.01.Wed.17:02
サンシャイン池崎の勢いと真っ直ぐさが清々しい。

「なんでもないっ!」
昨日のR-1での潔さ、逆にカッコいいぜ!(`・ω・´)
顔資料 アーティリィナ・ミラー
アティちゃん描き直し! ようやく納得。



絵を描き直すとき、裏から透かしたり逆さにしたりしておかしい所を探す。

自分の欠点を克服したい時も視点を変えないと解決策は見えてこない。
まずはどこがおかしいのかに気付かないと始まらない。

そもそも、自分にはこういう欠点があるんだと自覚できないと反省もクソもない。


過干渉は価値観の押し付けだと思う。


それぞれ全く別の存在なのに相手の心の中のことまで知ったかぶって、コイツも自分と同じだからこうだと決めつけ上から目線で物を言う。
彼らは何様なんだろうか。

そんな人達の無意識に無神経な言動が柵(しがらみ)となって、こちらのアイデンティティをぶっ壊す。
人の心の中を土足で踏み荒らすとは何事か。



人の悪意で真っ黒に染まった世界に呑まれそうになる時、太陽光が浄化してくれる。
温かいって、優しさだね(*´`)

って雨降ってんじゃねーか!





サンシャイーーン!!!